マイケル・スノウ展 パワープラント、トロント

今年81歳になるトロント出身のマイケル・スノウ(1929- )展が現在パワープラントギャラリーで開かれています。

マイケル・スノウについての私の知識は、今AGOでも展示されているWalking Womanを、以前どこかで見たなぁ、ぐらい。でもネットで調べてみると、情報はごろごろ、You Tubeもたくさん。Rogers Centreの横に飛び出してくる彫刻も、イートンセンター内の名物カナディアン・グースも彼のものだとか。そして彫刻家かとおもいきや、映像、音楽の作品にも秀でていて、説明によれば彼は「構造主義の映像作家の代表」だそうです。映像にもうとい私は映像での構造主義とは?というところからつまづいていますが、とりあえず現役大御所で、トロント出身で、最新個展ということなのでお勉強する気持ちでギャラリーに。本当はレセプションに行きたかったのですが、時間がとれず残念でした。

行って、見てみての感想は、さすが大物、どれも興味深いものばかりでした。

入ってすぐ3作の最新作が展示されていました。私が特によいと思ったのは「Piano Sculpture 2009」。四方の壁面にピアノとそれを演奏する人の手が見え、その上に重なるようにひとつづつスピーカーが置かれ音が出ているのですが、どの演奏も異なり、即興的に弾かれてはいますが、聴いている人の中では音が重なり四重奏となっていました。
前回のパワープラントの展示でも本物のピアノが自動演奏されるというものがあり、それも好きで記憶に残っています、単純にピアノの音というのは魅力的に感じるようです。
そのほかの新作は「Condensation」,「Serve, Deserve」でした。

そして横浜で開催されていたCREAM国際映像祭にも出展されていたという「SSHTOORRTY」もゆっくりと見れました。おもしろかった。

家に帰ってほかの作品も見てみたいとネットで探したら「La Région Centrale (1971) 」がありました。時間が長いのですべてを見るのは大変そうですが、一部分だけ見た感想は設定が非常に独特。山の上でカメラがぐるぐると滑らかにゆっくりと回転しながら自然の情景をひたすらうつしていく。みているうちに平衡感覚がなくなっていきました。

トロントは毎年国際映画祭があり、映像という分野に非常に強い基盤があるので、アートの世界でもスノウのような人が育っていったのかな、と思います。現在さまざまな映像作品が世界の展覧会でみられるようになっているので、トロントもその強さを生かしてすぐれた作家や作品を産み出せるようになっていったら、面白そうだと思います。
がんばれトロントアート界。

展覧会は3月10日まで。入場料は6ドル。毎週水曜日の17時から20時までが無料です。
[PR]
by thinkaboutart | 2009-12-17 12:03


ヴァニティ・フェア  ポートレ... >>