カテゴリ:展覧会・イベント( 16 )

ヴァニティ・フェア  ポートレイト展 カナダ、トロント

2009年12月14日
展覧会:『ヴァニティ・フェア  ポートレイト 1913年から2008年』
  Vanity Fair Portraits 1913-2008
開催:開催中~2010年1月3日まで

場所:ロイヤル・オンタリオ・美術館 ICC、トロント、カナダ
  Royal Ontario Museum, ICC

ロイヤル・オンタリオ美術館の新館4階で開催されている『ヴァニティ・フェア ポートレイト』展を見た。展覧会のことは街中の広告で知っていたが、そこで使われていたのがマドンナやライザ・ミネリなど超有名人の写真であったため、この展覧会は有名人好きが見るものだろうと勝手に思っていたが、実際見てみたらそんなことはすっかり忘れ、いい写真がたくさん見れたと満足して帰路についた。

そもそも私はアメリカのファッション誌については、高校生のころに姉がアメリカから注文していた『ヴォーグ』を読ませてもらっていたぐらいで、『ヴァニティ・フェア』もあまりよく知らなかった。トロントに住むようになり、書店で並んでいても単なるファッション誌だろうとしかおもっていなかった。この雑誌に掲載されている著名人の写真が、これほど質の高いものだとは思わなかったのだ。展覧会でみられる作品はライザ・ミネリが真剣な表情で身なりを整える一枚、ダイアナ妃の美しく自然な笑顔、印象派の画家アングルによる『グランド・オダリスク』をそのまま女優に真似させた一枚など、どれも画面からさまざまなストーリーを感じとることができる。物思いにふける悲劇王チャップリンの素顔、死の2ヶ月前に撮影された印象派の画家マネの横顔といった時代を感じさせるものもあった。黒いレース越しにチーターのような視線を投げかける女優の一枚は息を呑むほどの美しさで、しばらく作品の前で止まってしまった。雑誌と同時代を生きていた人々にとってはその人物の活動やエピソードなどが思い浮かばれ、より一層興味深いものであるに違いない。

これらをとっている多彩な写真家についてもキャプションに説明書きがあり、興味深かった。

見ているうちに画面の作りこみ方、衣装、ポーズ、体、表情、瞬間などの多様さが気になっていった。時代によって映す対象にポーズなど多くを求める写真家と、自然さを求める写真家などの違いがあるのだろうか、裸体が劇的に増える80年代から90年代はなにか社会的な運動と関係があるのだろうか、などといった疑問も沸き、20世紀の写真の歴史を一同に垣間見られたようなお得感もあった。今後もファッション誌に掲載されていく写真をもっと注意しながら見てみようと思った。

開催されているのは恐竜、中世の騎士、浮世絵などなんでもそろっているロイヤルオンタリオ美術館の新館4階のICC。ここでは現代美術の展覧会が定期的に企画展示されているのだが、今回はその展示方法も非常に気持ち良く感じた。ダニエル・りべスキントによってデザインされた不規則に斜めに交錯する天井と壁面に囲まれた空間は、決して展示しやすい場所という印象ではなかったのだが、今回複数の大型移動式パネルを採用することによって、俄然直立した壁面が増え、平面作品がみやすくなった。このパネルは今後も活躍するようで、これからの展示も楽しみに思えた。

本展覧会は2007年2月ロンドンのポートレイトギャラリー、そしてロサンゼルス、カウンティ美術館からの巡回展だとのこと。また良質な写真を一同に楽しめるような展覧会が来てくれたらいいな、と思う。
[PR]
by thinkaboutart | 2009-12-15 11:31 | 展覧会・イベント

シカゴ現代美術館:ダン・フレイヴァン展

今回のアメリカ旅行最終目的地、シカゴ。
楽しみにしていたダン・フレイヴァン展を見に行く。
(Thanks Naho, Kohei and Reiko!)

外からもダン・フレイヴァンの色が見える。
d0063074_13313856.jpg

展示室の中は人工的な光でどこもかしこも不思議な世界に。
光の組み合わせでこんなにも美しい空間ができてしまうのかと、フレイヴァンのワールドにどっぷり浸る。
d0063074_13281533.jpg


下から見上げる階段も、すべて白いはずがフレイヴァンの展示フロアだけ
蛍光灯が放つ青色
d0063074_1329117.jpg

[PR]
by thinkaboutart | 2005-12-19 13:33 | 展覧会・イベント

NY旅行画像

使わなくなった小学校の廃校を利用するPS1コンテンポラリー。
元学校の窓 ガラスにシャンデリアのイラストが
d0063074_13151466.jpg


メトロポリタン屋上、ルーフガーデン、夕刻。ソル・ルウィットを囲んでのんびり
d0063074_1314385.jpg


メトロポリタンの分館、クロワスター。
d0063074_13161676.jpg
d0063074_13163074.jpg


リニューアル、MoMA
d0063074_1317542.jpg

d0063074_13184935.jpg

火、風、力、水、氷などといった単純な力だけを使い、人がいないなかで
動くものたち。この画像は本当におもしろかった。30分近いものをずっと見入ってしまった。
d0063074_13212822.jpg

こちらも感動。部屋の中にたくさん並べられたスピーカーから、一つ一つ違う聖歌のパートを
歌う人の声が流れる。
体中を耳にして聞くとはまさにこのこと。
d0063074_13214572.jpg

一番感動した二点は写真ではよさが伝わらないのですが、
ほんとうによかった
[PR]
by thinkaboutart | 2005-12-19 13:22 | 展覧会・イベント

イサム・ノグチ庭園美術館

秋に訪れたNYの美術館第1弾。生前イサム・ノグチが決めた場所から作品はほとんど動かされていないとのこと。
d0063074_12533610.jpg
d0063074_12593736.jpg
d0063074_1255475.jpg
d0063074_12595621.jpg
d0063074_1301310.jpg
d0063074_1302625.jpg

[PR]
by thinkaboutart | 2005-12-19 12:49 | 展覧会・イベント

横浜トリエンナーレ2005

10/3(月)曇り、午後3時から横浜トリエンナーレ を見に行った。いろいろなことを考えたので、このブログで更新しながら少しずつかきとめていきたい。西野達郎の《ヴィラ会芳亭》は未見なので必ずもう一度行かねば。キュレーターマンもなかったような。インゴ・ギュンターってどこだったんだろう。

まず倉庫という場所をかなり強く意識する空間であることが大きいだろう。魅力もあるが、場の強さに負けてしまう作家も何人かいたのではないだろうか。

よかったもの
オン・ケンセンのなかの映像:マレーシア人?マレーシアでの映像。私的でストーリーも気になってずっと見いってしまう。
リチャード・ウィルソン:屋外に置かれたトラックの中で見せた映像。夜のトリエンナーレ会場を花火が大きな音を立てて飛ぶ。おそらく制作にかかった時間や手間は少ないが、見るものをひきつける力がある。
ヴォルフガング・ヴィンター&ベルトルト・ホルベルト:光る屋内ブランコ。座ると光る。あったかい。屋内でのるのは変な気分だけど周囲が暗い中、きれいに光るブランコにゆられるのはかなり楽しい。
高嶺格:真っ暗な部屋でサーカスのように繰り広げられる光と音の劇。必見。
ソイ・プロジェクト:なかでお茶を買いました。でもあのタイの方、もしかして作家さん?
田添かおり:まっくらにされた部屋の真ん中に一人ではいると、中央に赤いボタン。なんだ?っと思って押すと「!」。

?なもの
岩井茂昭:公衆電話の受話器をあげるといきなりメッセージという展開は驚くが、だからなんだろう?と「?」でその場を去る。しかしこれは事前に仕掛けを知っていたから感動しなかったのかも。

見た目は美しくないもの、やっていることはくだらないこと、裏の意味は全然分からないもの、深い意味を追求しないものでも、自分が楽しい、きれい、すごい、好きだ、と思えるものがある。書き留めとかなくては!というもの。
パレ・ド・トキオでのアルプのように。
こういう気持ちはけっこう他の人も感じていたりする。
その気持ちを何度も体験させてくれる作品、作家にこれからもめぐりあいたい。
最近ようやく現代ものを楽しむことができるようになってきたような気がする。
きらいなものが少な目で、まだまだ判断は甘いが。。。

しかし前回2001年のような刺激、興奮はなかった。なぜだろう。
2回目だから?前もっての情報を知りすぎているからか?・・・
トリエンナーレ後になにか考えること、まとまってくるか。
[PR]
by thinkaboutart | 2005-10-04 16:20 | 展覧会・イベント

リー・ウーファン展

横浜美術館で、リー・ウーファン展をみた。
作品は良いが、場所があまり良くないなと感じた。
あるいは作品が良くないのか?
リーの言葉はすごく心を突いてくるものがあった。
[PR]
by thinkaboutart | 2005-09-29 16:48 | 展覧会・イベント

アジアのキュビズム展

竹橋の東近美で「アジアのキュビズム」展を見た。
とても意欲的な展覧会だった。
この展覧会がなければ目にすることができないようなアジア各地の作品が出そろっていた。

アジアに旅行をしても、日本とは違い、ほとんど美術作品とよべるものを見ることが出来ない。見ることができたとしても、学芸会や見せ物のようなのりで見せている場合が多い。

それを今回、学術的に整理し、一同に並べ、ひとつの美術の流れを概観させている。いくらかの問題はあるにせよ、問題を想起させるような展示という意味でも価値があるのかともおもう。

常設展示室内の2階ギャラリーでは「所蔵作品展 沈黙の声」をやっていた。
遠藤利克、ビル・ヴィオラ、キムスージャの作品が1点ずつ。
遠藤の作品から「沈黙の声」を聞くのが少し難しかったか。
[PR]
by thinkaboutart | 2005-09-29 15:59 | 展覧会・イベント

杉本博司展+ダヴィンチ展@森美術館

六本木の森美術館でやっている杉本博司展は、すごい。
作品もいいのだが、ともかく展示がかっこいい。
展示はやはり作家本人の意向で構成されたという。
アーティストが全面的に自分の作品を展示すると、なんてすごいものになるんだろうかと感動。
昨年、川村で見たロバート・ライマン展もそう。
杉本の展示は2003年にエルメスで見たのがはじめて。
あのときよりも強烈。

日本の美術館ではなかなかできないスペースのあまりをもたせた展示。
空間の色、ライティング。

でもやはり、いろいろなテーマで表現する杉本の作品もすばらしいのではないかと素直に思う。壺、蝋人形、自然博物館、海、映画館、ピンぼけの建築といったひとつひとつのテーマを非常につきつめて撮っているので、いずれもすごく完成されている。
これらがすべて写真であるということにすら驚く。

杉本博司のカタログを見ていたら、やはり世界中の展示をこの手法でやっているよう。

ともかくみなさん、いざ森美術館へ。

階下ではレオナルド・ダ・ヴィンチのレスター稿のほんものが並んでいます。
ほんものです。500年前のダヴィンチの直筆ノート。こちらも必見。
学生時代、少しだけこの研究のお手伝いをしたなと思うと感動ひとしお。しかし先生の一生をかけた研究と収集。すごいです。
なによりもうれしいのは、難解な手稿を研究し、日本語で説明してあるので、広くわたしたちにもレオナルドの世界が理解できるようになっていること。

d0063074_21202089.jpg
d0063074_2127725.jpg

[PR]
by thinkaboutart | 2005-09-29 15:54 | 展覧会・イベント

万博ボランティア

9月の1ヶ月、万博内の小さなブース「エイブルアート・パビリオン」で解説や運営のボランティアをした。
いままで自分が出入りしていた、屋内の、限られた人がお金を払って、目的を持ってみる空間とはいろいろなことが違い、新しい出会いや教えがあり、いろいろなことを学ばされた。
アートとはすこしちがう、でもやはりこれもアート。
でもアートがメインではなく、そのうしろや周囲にいる人間がメイン。

貴重な経験でした。
[PR]
by thinkaboutart | 2005-09-26 15:44 | 展覧会・イベント

安井曾太郎展 三重県立美術館

8月23日(火)、三重県の津にある三重県立美術館で安井曾太郎展を見た。
この展覧会の目玉ともいえる《金蓉》がパネルだったのがとても残念だった。宮城と茨城での展覧会場では展示できたが、今回は作品の状態を保持するため出品できないとのこと。作品保持のためであれば仕方がない。作品の亀裂について、もっと知りたかった。いまだにわたしはあの作品の亀裂をなぜ修復してしまったのか、問題に感じているからだ。

安井の特徴はなんだろうかと考えながら見ていた。はじめから半分ぐらいのところまで、とびぬけて「これこそ安井だ」と思わせる作品がなかったからだろうか。デッサンはすばらしくいい。しかし油絵になると平易になっている気がする。
途中、パネルの説明で安井らしさがあらわれた、というものがあったが、あまりその賛美に同意できない自分がいる。
まだ安井世界をわかっていないのか、安井の芸術のレベルがその程度のものか見極めるため、これからも追いかけていくべき画家の一人だ。

夏休みなので子供対象になっていたコレクション展と柳原義達記念館を見た。作品の質がとても高い。これからもコレクションを有効に使った展覧会を期待したい。
[PR]
by thinkaboutart | 2005-08-24 15:06 | 展覧会・イベント